HERO® and TSI Holdings Bring the Power of Conversational Commerce to Japan

Translated into Japanese below for convenience.

TSI Holdings, the parent company of more than 40 apparel, accessories, beauty brands, has become the first-ever company headquartered in Japan to roll out HERO® to its stores. Beginning with Laline, the beloved skincare and cosmetics brand, online shoppers who want to ask questions or access tailored product recommendations will be able to connect with in-store associates via text, chat and video.

Founded in 1999, Laline started out as a single boutique and ultimately evolved to become a leading retailer of skincare, cosmetics and lifestyle products with more than 100 stores worldwide. From their ingredients to their packaging to their stores, Laline seeks to create a world of pampering and tranquility for their customers. Now they’ll be able to extend their brand experience to their online customers, connecting them with an associate who can help with product selection, inspiration, availability and gift buying.

“In recent years, we’ve seen our customers seek out more detailed information and advice from our store associates,” said TSI Group President and CEO Mr Shinichi Uetadani. “Hero helps us give them a seamless experience online, with the kind of personalized attention they would get in one of our stores.”

A Laline store associate sending a product recommendation through HERO®

The teams at at TSI Holdings and Laline recognized that customers shopping for beauty products online often need access to the kind of insight and expertise that only a store associate can provide — whether it be a skincare consultation to find out the right moisturiser for you skin type, or colour matching the right shade of foundation and blush for your skin tone.

In addition to 10 Laline locations in Japan, Hero will be rolled out to an additional 16 stores in the TSI portfolio, and supported via the Japanese language version of the Hero app.

“Japan is a key market for us and we’re proud to be able to extend our reach there via our partnership with TSI Holdings,” said Hero CEO Alistair Crane. “We look forward to helping savvy brands like Laline engage with their customers in a new and powerful way.”

About HERO®

HERO® is the world’s leading conversational commerce app for stores, powering Nike, adidas, Levi’s, Harvey Nichols, rag & bone and more. Our technology makes it effortless to text, chat and video call with customers; growing ecommerce sales and converting website visitors into store customers.

HERO®とTSIホールディングス、対話型のショッピングを日本で導入

40以上のアパレル、アクセサリー、ビューティーブランドを傘下に持つTSIホールディングスが、日本に本社を置く企業として初めて、HERO®を店舗で展開することになりました。このサービスは、人気のスキンケア・コスメブランド、Laline(ラリン)で開始され、オンラインでお買い物をするお客様が、質問をしたり自分に合った商品を知りたい場合に、テキストメッセージやチャット、ビデオ通話で店舗にいるスタッフとやりとりできるようになります。

1999年にイスラエルの小さなお店からスタートしたLalineは、コスメとフレグランスを中心としたライフスタイルブランドのリーディングカンパニーとして、現在では世界各国に100店舗以上を持ちます。Lalineは商品の原料からパッケージ、店舗の装飾に至るまで、お客様にすこやかで幸せな生活を体感していただくためのライフスタイルを提案しています。商品の選定、インスピレーション、在庫状況の確認やギフト選びまで、オンラインでスタッフがお手伝いすることにより、Lalineのブランド体験をオンラインのお客様にも体験していただけるようになります。

「近年、より詳細な情報やスタッフからのアドバイスを求めるお客様が見られるようになりました」と語るのは、TSIホールディングス代表取締役社長、上田谷真一です。「Heroにより、店舗で受けるような接客など、シームレスな体験をオンラインで提供できるようになります。」

TSIホールディングスとLalineでは、化粧品をオンラインで購入するお客様は、店舗にいるスタッフによるアドバイスや専門知識が必要であることが多いことに気が付きました。肌のタイプに合ったクリームを見つけるためのスキンケア相談や、スキントーンに合わせてファンデーションやチークの色を判断するカラーマッチングなどがその例です。

日本にあるLalineの10店舗に加え、TSIホールディングスのポートフォリオからさらに16の店舗でもHeroのサービスが開始されます。HEROアプリは日本語にも対応しています。

「弊社にとって日本は重要な市場であり、TSIホールディングスとの提携により日本市場にリーチできることを嬉しく思います」と語るのは、HeroのCEO、アリステア・クレーンです。「Lalineのような最先端を行くブランドが、顧客とパワフルかつ新しい方法で関わり合うことができるよう支援していくことを期待しています。」

HERO®について

HERO®は、Nike、adidas、Levi’s、Harvey Nichols、rag & boneなどの店舗で対話型のコマースアプリを世界的に提供しています。当社のテクノロジーにより、顧客とテキストメッセージ、チャット、ビデオ通話が簡単にできるようになり、Eコマースの売り上げを延ばし、ウェブサイト訪問者を店舗の顧客へと変換します。